太陽光発電導入にかかるコストとは

太陽光発電導入にかかるコストとは 自宅に太陽光発電を設置したいという需要は近年高まっています。
というのも太陽光発電を設置したことにより電気を発電し、自宅で使えるだけでなく電力会社に売電することで収入にもなるからです。
このように電力を自家発電することで浮かせられる費用、収入を考慮した場合導入コストがかかっても設置するという選択をする人も多いのです。
とはいえ設置をするとなると数百万円の費用が掛かります。
太陽光発電のパネルなどの材料費に加えて取り付け工事費がかかります。
すでに完成している住宅に設置する場合、家の周りに足場を組んだり住宅の電気系統と接続したりと住宅建築時に同時にする時よりも余分に費用が掛かります。
多くの人が発電によって得られる利益とこの導入コストを天秤にかける際に利用するのが発電シミュレーションです。
設置地域の近隣の発電状況を調査し、シミュレーションすることで得られる発電量がベースになります。
とはいえ一般的に太陽光発電の発電量は数十年単位で見てみるとパネルの消耗などにより減少してしまいます。
天候によっては必ずしもシミュレーションした通りには行きません。
導入コストと利益を天秤にかける場合にはこうした事象を理解し納得して導入することが大切です。

太陽光発電は発電量を維持する事が重要

太陽光発電は、最初の数か月は発電量を確認して、どの程度の電力を売電したかをみなさんが確認します。
ただ、継続して発電量を確認する人ばかりではないので、発電量を維持できていないケースも多くあります。
基本的には太陽光発電は、メンテナンスフリーですが機材の故障した場合に気づくには、発電量をモニタリングを定期的にしていかないと発電量を維持する事はできません。
これらは単純に機材の故障というだけでなく、一時的にブレーカーが落ちた場合にすぐに気付いた場合は発電量の損失はほとんどありませんが、ブレーカーが落ちたことに気づく事無く数か月経過してしまうと売電できたはずの金額を大きく損失してしまいます。
また、近隣の高層建築物が建てられた場合には、太陽光パネルの角度を考慮する事によって最低限の損失にする事が可能になります。
このように、太陽光発電の発電量を継続的に維持するには定期的な発電量のチェックや機材の点検が重要になります。

おすすめWEBサイト 5選

水素風呂に入る

2018/6/1 更新

「太陽光 コスト」
に関連するツイート
Twitter

太陽光発電で原発は無くならない むしろ原発が苦手なピークを補助する事ができるだけに 再生可能エネルギーの中でも有望視されていたんだけどね 巨大な蓄電池 揚水発電と似ているかね この揚水発電も高コストなんだけど ピーク時に調整用に利用していた

今後日本は何で発電していくのか? 太陽光、風力、地熱(意外と知られてませんが)は発電量をコントロールできない=突然発電が止まる可能性を排除できないので、後ろにすぐ代用できる発電システムが控えてないと使えない。 しかも見ての通り発電コストは安くない。 原発はもう政治的に選択不可能。

昨日くらいに太陽光発電の話がTLに流れてましたが、再生可能エネルギーは高いとかいや高くないとか、原子力発電も(以下略)と情報が錯綜しててだいたい同じ土俵での話にならないので、エコや原発に対する気持ちの問題はひとまず置いといて、コストに関する資料を探してみた。 cnic.jp/7795 pic.twitter.com/UE1VwJRJPY

太陽光設置関連トラブル多発 ↓  太陽光パネル設置で川決壊?疑惑 ↓ つうか太陽光発電推進初期から、コスト悪い事はずっーと指摘されてる 東日本大震災直後から地熱発電案もネットでは多々在った ↓ 何故か中華の太陽光メーカーもいくつか潰れる ↓ しかし、今も異常に増える太陽光パネル

返信先:@aokiaoki1111他1人 "(EV用)脱着式バッテリーを、モビリティーだけでなく家庭などでも使えるエネルギーのインフラにしようという動きが起きつつある"らしい。 (私もそうなればと思っていた) 電気自動車に使う大容量電池に太陽光発電を貯めれば、比較的低コストで出力変動に対応できそう。 webcg.net/articles/-/406…

TwitterMomoi Riyu, 百一里優@MomoiRiyu

返信 リツイート1 19:29

街灯の新規設置には配線などの工事費のほか、月々のランニングコスト(気代や電球交換)が心配ですが、太陽光発電&蓄電&LED照明の街灯は配線不要、月の電気代0円を実現! 3ri.co.jp

TwitterSANRI(サンリ)@SANRI_J

返信 リツイート 19:03

RT @Xatz: 太陽光についてですが、ウチはソーラー発電導入を本気で考え展示会などにも何度も通い構造計算までやりつくしたうえで「確実に飛ぶ。飛ばない強度の構造にするとコスト的にペイしない。」という結論で断念していますので、自信をもってこれからもディスっていきます。

太陽光発電の国民負担が年間2.4兆円。これ、震災で原発が…となったときにコストはかかるけど再生可能エネルギーも取り入れましょうという方針が示されたのをみんな忘れているだけですにゃー(ФωФ)ノ 当時の政府のやり方は間違ってるとは思うけど今更言うなというのは間違ってると思いましたですにゃー

空き家の保全に最適な太陽光活用の換気扇、電源が無くても無人でも毎日換気ができる、しかも運転コスト0円 solarkanki.cart.fc2.com/ca2/43/p-r-s/ pic.twitter.com/vqoE2kxJC2

Twitter太陽光のスマート活用 VIVA@solarkanki

返信 リツイート 17:48

日経朝刊1p、中国製風力、日本で攻勢。 小型風車で世界3位の"上海致遠"は、6月に日本専用の陸上風車を投入。 "青島安華新元風能"も、年内に日本で100カ所に設置方針。 中国勢は、コスト競争力で優位にある。太陽光パネルに続き、再生可能エネルギーの中国頼みが強まりそう。