太陽光発電導入にかかるコストとは

太陽光発電導入にかかるコストとは 自宅に太陽光発電を設置したいという需要は近年高まっています。
というのも太陽光発電を設置したことにより電気を発電し、自宅で使えるだけでなく電力会社に売電することで収入にもなるからです。
このように電力を自家発電することで浮かせられる費用、収入を考慮した場合導入コストがかかっても設置するという選択をする人も多いのです。
とはいえ設置をするとなると数百万円の費用が掛かります。
太陽光発電のパネルなどの材料費に加えて取り付け工事費がかかります。
すでに完成している住宅に設置する場合、家の周りに足場を組んだり住宅の電気系統と接続したりと住宅建築時に同時にする時よりも余分に費用が掛かります。
多くの人が発電によって得られる利益とこの導入コストを天秤にかける際に利用するのが発電シミュレーションです。
設置地域の近隣の発電状況を調査し、シミュレーションすることで得られる発電量がベースになります。
とはいえ一般的に太陽光発電の発電量は数十年単位で見てみるとパネルの消耗などにより減少してしまいます。
天候によっては必ずしもシミュレーションした通りには行きません。
導入コストと利益を天秤にかける場合にはこうした事象を理解し納得して導入することが大切です。

太陽光発電は発電量を維持する事が重要

太陽光発電は、最初の数か月は発電量を確認して、どの程度の電力を売電したかをみなさんが確認します。
ただ、継続して発電量を確認する人ばかりではないので、発電量を維持できていないケースも多くあります。
基本的には太陽光発電は、メンテナンスフリーですが機材の故障した場合に気づくには、発電量をモニタリングを定期的にしていかないと発電量を維持する事はできません。
これらは単純に機材の故障というだけでなく、一時的にブレーカーが落ちた場合にすぐに気付いた場合は発電量の損失はほとんどありませんが、ブレーカーが落ちたことに気づく事無く数か月経過してしまうと売電できたはずの金額を大きく損失してしまいます。
また、近隣の高層建築物が建てられた場合には、太陽光パネルの角度を考慮する事によって最低限の損失にする事が可能になります。
このように、太陽光発電の発電量を継続的に維持するには定期的な発電量のチェックや機材の点検が重要になります。

おすすめWEBサイト 5選

水素風呂に入る

2018/6/1 更新

「太陽光 コスト」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@nikkei 「再生可能エネルギーのコストを削り」とある。それはいいのだが、風力と太陽光は、その発電能力に見合った即応可能な電力、揚水や火力を用意しておかないといけない。主力は石油やLNGになるはず。蓄電池のコストダウンが進むのが理想だが、絵にかいた餅状態じゃないのかな。

返信先:@1955Toru他1人 風力、太陽光パネルが災害に弱く、コストも高い。加えてメガソーラは、環境にも優しくない事が露呈してしまった。電力の安定供給を考えれば、現時点ではやむを得ない判断かな。

Twitterマカカ・マッハ・ハーン@xyxyuu

返信 リツイート 12:28

導入コストを抑えるために株式会社千幸さんではおひさまプランとしてカナディアンソーラーの太陽光発電システムプレゼント、ホッとプランとしてオール電化(エコキュート+IH)プレゼントというものを用意している。 #遠赤王

現在国内シェアでトップのシャープは、導入コストが低いのが魅力。 また、施工工事や周辺機器を含む太陽光発電システム全体に10年間の保証を適用できるなど、設置後のサポート体制が万全なのも安心できるポイントです。

Twitter太陽光発電のメリットとデメリット@solarmerit

返信 リツイート 11:39

太陽光発電する紙が製造コスト桁違いの低減で再報道される(2013年2月17日:141PV) #Solar #cellulose #nanofiber #ペーパースマートフォン #大阪大学 #エネルギー buff.ly/XhXWiR 太陽光発電する紙が製造コスト桁違いの低減で再報道される buff.ly/XhXWiR

太陽光発電する紙が製造コスト桁違いの低減で再報道される(2013年2月17日:141PV) #Solar #cellulose #nanofiber #ペーパースマートフォン #大阪大学 #エネルギー buff.ly/XhXWiR pic.twitter.com/CXHMkh6r9o

Twitterエースナンバー@acenumber

返信 リツイート 11:39

再生可能エネルギー(特に太陽光発電)を推し進めることでコストが掛かるとしても政治で推し進める判断。技術進歩でコストが少なくなっていくまでの繋ぎ期間を政治判断で補うと。

Twitterゆるい会社員@3_hi1988s

返信 リツイート 11:34

いや、もう原子力要りませんだろうが。くっそコストがかかってこのうえなく危険な原発止めるのが筋だろうよ。結局免震棟も満足に出来てないんだろうが。 「もう太陽光、いりません」九電、連休中8割もカバー、原発再稼働も一因(J-CASTニュース) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180924-…

んで太陽光(笑)ね。 『電力余るほど生み出してるから蓄電して使えばいい』とか言ってたけど、んな蓄電プラント何処に作るんだよ、そもそも発電量安定しないものをどうやってベース電力として使うの?んで送電環境や蓄電環境が今とまるって変わるからコスト跳ね上がるんだけど誰がそれ補填すんの?

Twitterケー・シー・ディー・ズィー@K_C_D_Z

返信 リツイート 9:14

光学的レンズで太陽光を集めて発電する方法では、面積当たりの発電量増加が期待されます。 しかし、太陽電池は高温になると発電能力が低下する特性を持っているので、コスト面から考えると単純な効率アップは望めないのが現状です。

Twitter太陽光発電のメリットデメリット.jp@meritdemeritjp

返信 リツイート 2:39