太陽光発電と建築基準法との関係

太陽光発電と建築基準法との関係 建築基準法は建築物を規制する法律ですが、その対象は建物だけではなく、建物に附属する設備も含みます。
太陽光発電に関する建築基準法の規定は特に無く、一般的な設備機器と同等の扱いになります。
設備機器の基準の中には電気に関連する規制も含まれるので、その範囲で制限されることになります。
地域や隣地等からの離れによって屋根材は不燃が要求されることがあり、その場合は不燃材を使う必要があります。
北側斜線のかかる地域では太陽光発電の屋根に乗る部分も規制に対象に含まれるので、北側斜線にかからない位置に設置しなければなりません。
建築基準法では屋根の重さによって、柱の太さ等の基準が変わるため、太陽光発電の機器が載っている屋根は、重い屋根として見なされることがあります。
建築に関連する法規には省エネ法があり、その規定の中には太陽光発電の記述があります。
一次エネルギー消費量の計算においては、自然エネルギーで発電された電力の一部は、基準値をクリアするために有利に用いることができます。

家庭用の太陽光発電システムについて

太陽光発電は非常に夢のあるシステムであるため近年では新築の一般住宅に取り付けられることも増えてきています。
初期コストこそそれなりにかかってしまうのが難点ですが、一度設置をすれば条件が整う天候の際に発電をしてくれるのが非常に嬉しい仕組みであると言えるでしょう。
最近では曇りの日でも発電を行うことが出来る太陽光発電パネルも家庭用に売りだされるようになってきており、魅力に感じる人も少なくありません。
この様な太陽光発電については様々な考え方がありますが、自宅で消費する電力を少なくすることを目的として設置するという道が一般的であると言えるでしょう。
一時期は余剰電力の売電を目的にして設置を推進する時期もありましたが、家庭用の太陽光発電では安定した電力供給は困難であると言えるでしょう。
そのため、それで全てを賄おうとするのではなく、あくまでも購入して消費する電力を少なくするための活用を考えるのが良いと言えるでしょう。

pickup

塾を富山で探す

最終更新日:2018/8/10

「太陽光 家庭」
に関連するツイート
Twitter

太陽光発電、各家庭で運用する分については是非そのまま広がってほしいと思う。 台風の時に吹き飛ばないようにすれば特に問題無いし、平常時も停電時も強力なツールになる。 問題は、自然を破壊し、中韓が蔓延るメガソーラー。メリットがあまりにも小さくデメリットがあまりにも大きい…

Twitter山本@デレステP@kawa_dere

返信 リツイート 25分前

一般家庭の余剰なら理解できるが企業が太陽光発電を売電目的とは許せない。しかも外国企業の。 twitter.com/moeruasia/stat…

「電力会社が家庭や事業者から買い取る際の価格を、20年台半ばに現在の半額程度に引き下げる方針」 もう家庭に設置できる発電設備は売れないだろうな。 "「もう太陽光、いりません」九電、連休中8割もカバー、原発再稼働も一因(J-CASTニュース) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180924-… @YahooNewsTopics

Twitter味噌味より塩味が大好き@fGvMhghiQA0vZ7y

返信 リツイート 41分前

独国で失敗していたのに事業として成立するような価格に設定したのがそもそもの間違い。家庭の屋根に設置する程度で十分で、森林伐採や堤防を崩してまでやるような事ではない--「もう太陽光、いりません」九電、連休中8割もカバー、原発再稼働も一因 j-cast.com/2018/09/243393… @jcast_newsさんから

「もう太陽光、いりません」 大規模太陽光発電設備の自然破壊が問題になっている 災害時リスクの軽減も急務だ 石油・石炭に依らない電力源の多様化、地域電力源の安定化 理想は各家庭、各地域の自立した電源 pic.twitter.com/5AtkeqOY5u

...さん@2ろぐちゃんねる : 2018/09/24(月) 10:28:46.06 ID:BsO11/Yp0 「もう太陽光、いりません」九電、連休中8割もカバー、原発再稼働も一因 暮らしやすい気候を背景に電力需要が...号機が再稼働し、現時点では九州で原発4基が稼働。出力は4基合わせて約430万キロワットに及ぶ。 太陽光発電をめぐっては、18年9月12日に開かれた経済産業省の審議会で、電力会社が家庭や事業者から買い取る...

家庭科の宿題をセッティング待ちでする太陽)光「太陽、玉結びできないの!?」太陽「じゃあ、光やってみろ!」光「いいよ。八乙女ふう玉結びでいい?」

新電力による市場連動型の電気料金プラン。市場価格高騰下では消費者側のメリット乏しい。ただ、太陽光の固定価格買取期間満了した家庭は、蓄電池を導入し、時間帯による使用量をコントロールすれば導入のメリットあるかも。需要家側で市場の裁定者生まれることになり社会全体のメリット生まれる。

Twitterneno109(トクダ)@neno109

返信 リツイート 11:23

ぶっちゃけ太陽光家庭電力が限界だと思う

発電所の寿命が20〜30年、建設には10年単位で時間が掛かるんだし、エネルギー政策はそれこそ100年単位で考えないとねぇ。 真剣にJAXAの宇宙発電所研究やメタンハイドレートに金つぎ込むとか、家庭太陽光パネルと充電池のセットを今の1/10程度の価格で入れられるように補助出すとか、考えんといかんぜ