太陽光発電で優遇税

太陽光発電で優遇税 太陽光発電は、発電にともなって地球温暖化の原因となる物質である二酸化炭素を排出する火力発電などとは違い、クリーンなエネルギーであることが特徴といえます。
そこで、国としてもこうした自然のちからを利用した発電を全国的に普及させるため、さまざまな優遇税制や補助金制度をもうけています。
たとえば、法人でなくても、個人事業主が太陽光発電の設備を設置して、それを自身の事業の用に供した場合には、所得税についてのいわゆるグリーン投資減税が適用されることになり、特別償却の特典を得ることができるようになっています。
また、ごく小規模な住宅用の設備を除いて、発電設備に対して課せられる固定資産税についても、その課税標準の額が通常の3分の2まで軽減されるという特例もあります。
これに加えて、そもそも発電設備を設置するにあたっての国の補助金もありますので、設置と運用という両方の段階において、メリットを享受することができるというわけなのです。

生産性を向上させる整備投資「太陽光発電」

太陽光発電は、太陽光パネルを設置してからそのまま放置していては生産性が上がりません。
発電効率を上げるためには、電気系統のチェックや、太陽光パネル面のホコリや砂、草やつるの除去も定期的におこなわなくてはなりません。
知らない間に一部のパネルが故障していた、などということもあり得ますので、そうしたことも定期的に点検するのが望ましいでしょう。
もちろん、それらは一般の消費者にできることではありませんので、点検費用などもかかります。
しかし、それは生産性を向上させるために必要な投資です。
発電効率が下がったまま使用し続けていると、毎日のことですので、積もり積もって結局は損をすることになります。
太陽光発電は常にベストな状態でおこなってこそ、初期投資費用が早期に回収できるものです。
曇るとあっという間に発電量が落ちるように、パネルが万全な状態でないと、発電効率はかなり落ちてしまいます。
窓ガラスが汚れるように、パネルも汚れているものです。

recommend

堺市 歯医者
http://www.takagi-d.com/

最終更新日:2016/10/27

「太陽光 税」
に関連するツイート
Twitter

一般住宅用の太陽光発電設備で、屋根一体型のシステムは法上固定資産の対象になります。 課額は地域によって違いますが、標準的な20㎡程度のパネル面積で約3千円~4千円です。一体型以外は固定資産の対象になりません。

Twitter太陽光発電メリットデメリットまとめ@solarmatome

返信 リツイート 1分前

既存住宅に太陽光発電などを導入する住宅リフォームの場合、工事費用の10%が所得から控除される制度があります。 太陽光発電は他の省エネ機器よりも減幅が大きく、最大で300万円の10%が減の対象となります。

Twitterコストカットドットコム@trad_t_y

返信 リツイート 14:09

返信先:@ayanakamura0702 個人向けの補助金、中でも次世代車や太陽光導入への補助金は、特に現段階で充分な資産を持っているごく限られた富裕層向け(しかもその人個人の所有物となる…!)でもあるので、そこに全市民(・国民)から徴収したを投入することにも、私は違和感を持っています。

まあ確かに太陽光発電設備は務上は建物ではなく構築物で計上して減価償却するから、固定資産ではなく償却資産が課せられている。この償却資産についても業者から当初聞いてなかったとかのトラブルあり。 twitter.com/saikou_nippon/…

太陽光の○ースコムも消費抜きで利回り計算してきやがりますね…「還付されますから!」じゃねえよ馬鹿かおまえ twitter.com/k60000/status/…

法治国家及び民主主義国家である日本において、相変わらず、太陽光パネル設置や脱原発や消費のデメリットについてきちんと理解することを放棄しとる有権者は奴隷根性を正当化した意味でも絶対的な愚者やと酷評されてもブチ切れの余地はハナッからないねん。#拡散希望

TwitterKudou Yasuhiro(工藤 裕弘)@yasuhirokudou

返信 リツイート 昨日 14:31

ブラックアウト対策として北海道の新築住宅で太陽光発電と蓄電池を設置したら消費は免除する。というのはどうでしょう

Twitter二酸化炭素排出削減目標達成済み@ruto_uwaharu

返信 リツイート 昨日 7:22

既存住宅に太陽光発電などを導入する住宅リフォームの場合、工事費用の10%が所得から控除される制度があります。 太陽光発電は他の省エネ機器よりも減幅が大きく、最大で300万円の10%が減の対象となります。

Twitter太陽光発電メリットデメリットまとめ@solarmatome

返信 リツイート 昨日 0:39

一般住宅用の太陽光発電設備で、屋根一体型のシステムは法上固定資産の対象になります。 課額は地域によって違いますが、標準的な20㎡程度のパネル面積で約3千円~4千円です。一体型以外は固定資産の対象になりません。

Twitter太陽光発電メリットデメリットまとめ@solarmatome

返信 リツイート 9/22(土) 12:39

既存住宅に太陽光発電などを導入する住宅リフォームの場合、工事費用の10%が所得から控除される制度があります。 太陽光発電は他の省エネ機器よりも減幅が大きく、最大で300万円の10%が減の対象となります。

Twitterコストカットドットコム@trad_t_y

返信 リツイート 9/22(土) 11:09